2017-03-24 (金曜日)

ジロボウエンゴサク


 中央口に向かう坂の東側でジロウボウエンゴサクが咲いていました。
 ジロボウエンゴサクは、ここの他にも、
 野草園からバーベキュー場に向かって森の橋をくぐった先の両側や、
 つどいの広場の南側のアジサイの間や小川の岸でも見かけましたが、
 そちらは、今日はまだ咲いていませんでした。

posted by c.mignon 2017年3月24日 23:07 / 足もとの草 / ケシ科

このエントリーのトラックバックURL

コメント

 

 ジロボウエンゴサク(次郎坊延胡索)の語源に興味をもちました。

牧野日本植物図鑑によりますと、

 延胡索は、この類の漢名とのこと、エゾエンゴサク(蝦夷延胡索)などがあり納得です。

 次郎坊は、伊勢地方でスミレ(菫)を太郎坊と呼び、このエンゴサクを次郎坊と名付け、
子供がおたがいに花の距をからませてひっぱり合いして勝負することから来た名前であると
解説されています。

投稿者 匿名 : 2017年4月10日 14:28


コメントをどうぞ




 ※入力したお名前・メールアドレス・URLをあなたのブラウザに保存しますか? 




(送信したコメントが表示されないときは再読込をしてください。)

Copyright © 2016 c.mignon All Rights Reserved.